高齢化社会に伴い、不動産の相続であるトラブルが増えています。

それは、不動産を相続した子供がその不動産を売却することにより、幼稚園や月極駐車場などが潰れているということです。

最近は、不動産の管理を第三者に委託するのではなく、自分で管理している所有者が多いです。

しかも大半の所有者が高齢者もしくはそこそこの年齢となっています。

そのため、土地などを貸していてそこの土地に民間の幼稚園や保育園が建っていることも珍しくはありません。

しかし、そこの土地の所有者が亡くなり、子供が不動産を相続した際に土地を不動産業者やマンション業者などに売る傾向が強いです。

土地を貸して月の賃貸料をもらうよりも売れる時に少しでも高い価格で売って手放そうとする子供が多いです。

そのため、その土地を借りて幼稚園や保育園を開園していた所は他の場所に移動したり閉園をやむを得ず決断せざる所もあります。

最近は、不動産を所有していると管理をしっかりを行わなくてはいけません。

しかし、その相続した土地が他県だったり自宅から遠いと管理も難しく、所有していることが面倒という理由も少なくありません。

しかも少子化社会となっている日本では、今は幼稚園や保育園の数が足りないと言われていても数年先には余っている可能性も充分にあります。

それは月極駐車場も同じで、自動車を運転する高齢者が増えてしまうと月極駐車場も余ってしまいます。

そうなってしまうと、相続した不動産がマイナス方向に進む危険性も増えてきます。

日本の場合、相続税が決して安いわけではありません。

相続したのはいいけど現金ではなく不動産だと、相続税を支払うことができないという相続者も多いです。

そのため少しでも早く売って、現金にして相続税を払いたいと考えます。

不動産関係で契約を結ぶことを考えている人は、こういったトラブルを回避するためにもその不動産の所有者が誰かということを理解しておくことが大事なのかもしれません。

Comments are closed.

Post Navigation