リフォームと言えば、住んでいる家に修繕箇所が出てしまったり、介護などで段差のないフラットの床などに変えたりと、何らかの目的があってリフォームをする人がほとんどではないでしょうか。

ところが最近、ペットを飼い始めたことをきっかけにリフォームを検討する人が増えています。

ペットのためにリフォームと聞いて、畳をフローリングに変えたりするだけでしょ?と思うかもしれませんが、実際はガッツリとしたリフォームが多いです。

大型犬を飼ったので玄関のポーチをしっかりと施錠できるタイプにして、床を汚れても掃除が楽なフローロングや消臭効果が高いブロックタイプで水が使用できるもの、イヌが飛び出さない様にドアの前に柵を付けてエアコンを取り付けできるようにしたい、公園にある様な手洗い場が欲しい、という希望が多いです。

イヌの場合、散歩があるので足が汚れてしまったりした時にお風呂場まで連れて行くのは大変だから、大型犬だから抱っこできないという理由が多いです。

そのため、イヌの足が洗えるだけでなく、床掃除もできて水が使用できるフローリングやブロックが多いです。

一方、ネコの場合は外に出す人が少ないので家の中を自由に歩かせてあげたい、と言う思いから、ネコが自由に出歩ける様にネコの通り抜けの扉が付いていて、何もない頭上の空間に柱をつけてネコの散歩道を作りたいという人が多いです。

ネコを洗う人は少ないので、ネコを飼っている人はネコが洗いやすい水場を必要としていません。

しかしイヌの場合は、イヌを自宅でも洗う人が多いので、イヌを洗いやすい水場を必要とする人が多いです。

またイヌの場合、大型犬になると自宅の洗面所で洗うことは不可能で、お風呂場だとバスタブとドアで狭いと言う人がほとんどです。

そのため、イヌを洗うための洗い場を新設するケースが多く、抱きかかえなくてもフラットタイプにすることで力のない女性でも大型犬が洗いやすいです。

それと同時に床に水を撒いて床掃除ができるようにします。

飼い主が暮らしやすい様にリフォームすることで、ペットにかかるストレスも減ります。

Comments are closed.

Post Navigation