ペット可の賃貸物件は、大きく分けると2種類にわかれます。

http-::www.mie-koumuten.com:-3

ひとつは、ペットを飼ってもよい賃貸物件です。

もうひとつは、ペットを飼っていることが前提の賃貸物件です。

ペットを飼ってもよいと言うのは、最初からペット可という物件ではありません。

築年数が経過して建物がかなり古くなった、入居者がペット不可にも関わらず内緒でペットを飼っているヒトが多い、周りの賃貸物件のほとんどがペット可など、色々な理由があってペット不可だった物件をペット可にしていることが多いです。

中でも多いのが、築年数の経過です。

築年数が経過した賃貸物件は、大がかりなリフォームをしていないと家賃を下げたりしていないと新規の入居者がなかなかみつかりません。

そのため家賃を下げないためにペット可にすることで今の家賃を維持することができるのです。

新築でペット可の賃貸物件は、同じ条件や交通の利便性が同じにも関わらず家賃が3万円以上高くなります。

内装が高性能であればあるほどペット可の物件は家賃が高く、都心ともなれば20万円以上する賃貸も珍しくはありません。

また敷金礼金もペット可の物件は他の物件と比較しても高く設定していたり、退去時に返却することがないです。

ペット可の物件は必ずしもペットを飼っていないといけないわけではありません。

そのためペット可の物件にペットを飼っていないヒトが入居する場合、家賃がペットを飼っている人よりも安くなることもあります。

ただし、その場合はペットを飼ったらスグに管理会社か大家に連絡をしてペットを飼ったことを伝える必要があります。

ペット可の賃貸物件はペット可というだけで入居者の全てがペットを飼っているわけでもなければ、住んでいるヒト全てがペットが好きというわけではありません。

あくまでもペット可というだけで、ペットを飼うのであれば左右のお隣さんや上下階の住民に迷惑をかけないように色々と配慮をする必要があるのは当たり前です。

ペットのトラブルでいちばん多いのが、ペットの鳴き声です。

ペットの鳴き声ときいて犬の吠えている鳴き声を想像するかもしれませんが、意外にもネコの鳴き声もウルサいのです。

ネコは繁殖期になると昼夜問わずに鳴くことが多く、鳴き声も従来よりも大きいので他の部屋にも聞こえます。

そのため鳴き声のトラブルは上下階よりも左右の部屋とのトラブルになることが多いです。

そういったトラブルを回避するためにペット可の賃貸物件ではなく、ペット前提の賃貸物件を選んで住むヒトも少なくありません。

ペット前提の賃貸物件はペットを飼うことが条件となっています。

http-::www.mie-koumuten.com:-1

そのためペット前提の賃貸物件は、ペット可の賃貸物件と違って大型犬を飼っても全く問題がありません。

言い方を変えれば、大型犬を飼いたいからペット前提の賃貸物件に住んでいるというヒトも少なくないのです。

ペット可の賃貸物件はペット前提の賃貸物件は異なり、飼えるペットに制限を設けている所がほとんどです。

ペット可の賃貸物件の場合、飼えるペットの数は1匹までで犬の場合は小型犬もしくは8kg未満までの中型犬が多いです。

ネコにはサイズや体重の制限はありませんが、1匹までで室内のみで飼うことが条件になります。

もちろん犬1匹、ネコ1匹という多頭飼いはNGです。

それに対し、ペット前提の賃貸物件では犬のサイズや体重などによる制限もなければ飼う数にも制限はありません。

ネコも同じです。

そのため犬2匹、ネコ3匹という多頭飼いはOKです。

またペット前提の賃貸物件はペットを飼うということが前提となっているので、ペットの足洗い場や水飲み場、ドッグランなどの設備も設置されている所が多いです。

http-::www.mie-koumuten.com:-2

さらに室内では、ペットに配慮してコンセントは下ではなく上側にあったり、ドアの所にはペットの飛び出しを防ぐバリケードなども最初から付いてあります。

さらに壁紙は傷がつきにくく、汚れが落としやすいもので消臭効果が使われています。

ネコは爪研ぎをする性質があるので、そういった配慮がされているのとされていないのでは室内の傷み方が違ってきます。

しかし室内の装備がそのようにキチンとされているということは、敷金が高く、また退去の時にマイナスが生じる可能性が充分にあります。

またペットを飼うことが前提となっているペット前提の賃貸物件の方が、ペット可の物件よりも防音はしっかりしています。

床のフローリングも犬やネコの爪で傷がつきにくく、カチャカチャ音が下の階に響き渡らない様になっていることも多いです。

しかし、ペット前提の賃貸物件はペット可よりも家賃がかなり高く、施設の維持費が管理費に含まれていることもあるので、かなりお高い物件といっても過言ではありません。

Comments are closed.

Post Navigation