事業を拡げたりマイホームを持つ時、お金を借りる形になります。
よく『○○年ローンの支払いがある』等といった言葉を聞くはずです。
一括でマイホームを購入する場合はローンを組む必要はないです。

担保とは何なのか、ローンは何なのかを知っておく必要があります。
せっかくの事業の場所がなくなる可能性があります。

また、夢でもあるマイホーム購入が出来なくなる場合もあるのです。
今回は不動産担保ローンについてお伝えします。

不動産って?

不動産というのは大陸法・国際私法の民事法で使われる概念です。
土地に対する物件・定着物を含みます。

日本では土地・定着物と言われ、建物が土地とは別の不動産と言われています。
立木法で登記されている立木は不動産としてみなされます。

不動産のお店に行くと、自分が住みたいアパート・マンションなどを探せます。
敷金礼金を払う場合もあれば、不要な場合などもあります。
事前にインターネットで調べておくと探しやすくなります。

マンション・アパート名、敷地面積・家賃・間取りなどが見れます。
サイトによっては部屋全体の写真を掲載している場合もあります。

勿論お店に行って担当の方とじっくり話すこともできます。
物件の内覧もできます。

不動産担保ローンって?

何よりもまず知っておきたいのがローンについてです。
簡単に言えば、金融機関つまり銀行がお金を貸すという方法です。
銀行からお金を借りるという場合は、月額で返していく事になります。

不動産を買う際は、その多くがローンを利用します。
アパート購入にはアパートローン、住宅購入なら住宅ローンです。

どれだけの金額を借りるかによって、月々の返済額が多くなります。
また、返済していく期間も長期となります。

これにより、返済していくことが難しくなるケースがあるのです。
返済が不可能になった時の為に、債務者は担保を提供します。

銀行側は借りた人が買う不動産へ抵当権を付与します。
不動産担保ローンとは不動産が担保になるローンです。
不動産担保ローンって?

不動産担保ローンが持つ利点

銀行からお金を借りるとは言えど、すぐには借りれないです。
なぜ借りたいのかという正当な理由が必要です。

また、しっかりとした返済計画も立てねばならないのです。
『お金を貸してほしい。返済はいつになるかは不明です』
このように友人の誰かに言われても、簡単には貸せないものです。

それはたとえ銀行であっても同じことが言えます。
もし銀行なら、返済不可に備えて担保を取って貸し出します。
なぜ不動産が担保になるかというと、それに価値ありとしているためです。

銀行は借りた人が返せなかった時に不動産を売ります。
それによってお金が返ってくるように準備が要るのです。
価値のある不動産を所有しているとわかれば借りれるという訳です。

不動産担保ローンの不利点

ここである事例を出してみます。
店舗兼住宅として八百屋を営んでいるとします。
これを担保として銀行から借り入れを借りれました。

しかし、何らかの理由で返済が不可能となってしまいました。
その場合、担保の店舗兼住宅を銀行が引き取って売ります。
こうした事例だと、店舗だけでなく自宅までも失くしてしまうのです。

事業でお金を借りたい場合は、下記に気を付けてください。
事務所・店舗兼住宅・自宅の場合は不利となってしまいます。

銀行側が担保として扱う不動産は購入額での価値ではないです。
また、銀行が不動産を売ったからと言って借りたお金は0にはならないです。
お金を借りる時は、慎重な考えと確実な返済計画を立てる事が重要です。
不動産担保ローンの利点・不利点を知ろう

まとめ

マイホーム購入の際には、住宅ローンという方法があります。
アパートであればアパートローンになります。
一括で払えない場合に金融機関から借り、月々返していくというものです。

借りる金額によって、毎月の返済額及び返済期間が決まってきます。

返済が難しいという時に備え、債務者は銀行へ担保を提供する事になります。
不動産を担保とする事を不動産担保ローンと言います。
毎月の返済が滞らないよう返済計画を作る事が重要です。

Comments are closed.

Post Navigation