日本は地震大国と昔から言われています。

その理由は、火山地帯も多く色々なプレートがあるからです。

そのため、今までに何度も大きな地震に見舞われ、その度に復興を行ってきました。

地震が起こるのは日本だけではなく、世界中どこにいても地震はいつやってくるかは分かりません。

それでも日本は、場所的に地震が多い国です。

ここ数年、日本ではあちらこちらで大きな地震が起きています。

そのため地震の被害を少なくする方法、地震に耐えられる方法などに国民の関心があるのは事実です。

家を地震から守るには、耐震の家にするのが理想です。

耐震設計の家と耐震設計ではない家では、大きな地震が来た時に違いが生じてきます。

耐震設計をしていれば家が崩れることはない、壊れることはない、というわけではありません。

耐震設計の家でも地震の規模などによっては、潰れてしまうこともありますが、耐震設計をしていない家よりは潰れるまでの時間を稼ぐことはできます。

地震が治まってから避難する時間があるのは、耐震設計をしている家です。

耐震設計をしているからと言って、絶対の安心があるわけではないので、その点は気を付けなくてはいけません。

耐震設計はあくまでも上物の家の部分だけなので、地面である土地部分が液状化現象を起こしたり、地面が崩れてしまったりすると耐震設計をしている家でも傾いてしまうのは仕方がありません。

田んぼや川などを埋め立てた土地は、埋め立てではない土地と比較すると沈みやすく液状化現象を起こしやすいです。

杭をたくさん打ち込めば大丈夫というわけではありません。

安全な土地を購入したいのであれば、昔の地図を見る必要があります。

昔から土地であれば、しっかりと頑丈な土地と思っても大丈夫です。

Comments are closed.

Post Navigation