マイホームは、生活していく中で一番高い買い物です。
『いつか購入出来たら…』という思いで頑張っている人もいます。
ですが、失敗したり損をすることも有り得ます。

住まいに関するお金がどれくらい掛かるか気になるはずです。
これらについて、前もって調べておいたほうが得策です。

後悔や失敗をした人達も、少なからずいます。
今回は、そんな人達の意見を集めてみました。
これらを参考にすれば、失敗を未然に防げるはずです。

後悔&失敗談①

・家賃と同額ならと思っていたけれどそうではありませんでした。
不動産屋に行った時、担当者の営業トークにうまく乗せられました。
『返済金額が家賃と変わらないならお買い得ですよ』と言われたんです。

修繕積立金・マンション管理費月額2万円となります。
さらに固定資産税として年間およそ10万も掛かります。
結局家賃以上に負担が出てしまっています。

・『頭金無し』だったとしてもお金は掛かります。
『頭金0円』という事だったので貯金は気にしていませんでした。
ところが、地鎮祭費用におよそ20万・手付金100万掛かりました。

他にも大工さんへ渡すお茶菓子代も出す事になったのです。
これらを家計から出したので相当きつかったです。

後悔&失敗談②

・買ってからの修繕費用までは考えていませんでした。
住んでいる家が建てられて10年となり、修繕を要するようになりました。
水道の蛇口が壊れたり、浄化槽を修繕するのに20万もしました。

家電製品までも古くなってしまい、買い替えることになりました。
積立金が無く、ボーナスも無いため苦しいです。

・予想外の高額な土地代により、部屋数を減らざるを得なくなりました。
高い土地代の影響で、準備していた予算が不足してしまいました。
そのため、当初決めていた間取りを1部屋分減らしたんです。

あと少し買うのを遅らせてたら、下がった金利で借りれたかもしれないです。
土地にどれだけのお金が掛かるのかを事前に下調べしておくべきでした。

マイホーム購入における後悔話

後悔&失敗談③

・貯蓄していた分を使い切ってしまいました。
偶然にも良さげな物件があり、購入予定が無かったのに買ってしまいました。
頭金を支払うのに、共働きしていた頃の貯蓄を使い切ってしまったのです。

現在は専業主婦として暮らしています。
そのため、住宅ローンを返済するのがとてもきついです。
貯蓄をしていくことすらできない生活です。

・建物以外に土地代が予想以上のものでした。
土地を買うのに名義変更・手付金に費用が必要なのは知らなかったです。
土量が多ければ多いほど、地盤検査にもお金が掛かってきます。

住宅ローンに必要な頭金の他に、余剰金がなければしんどいです。
少なくとも余分に100万円から200万はないと相当きつくなります。

住まいに関するお金情報

増税となる前に買わないとという人もいると思います。
しかし、見つけても10月以降引き渡しなら結局10%です。
増税されてから家を購入すると住宅ローン減税が10年から13年に延長されます。

ですが、年末ローン残高に上限があって受けられる人も限られます。
すまい給付金は住宅ローン減税の税金の戻りが少ない人への制度です。
最初の年に給付金を1度だけ受け取ることができます。

金利が低ければローンの数が多くても返済額を少なく出来ます。
現時点では返せてはいても、金利が上がれば返済額も増えてしまうのです。

このような借り過ぎによるマイナス点をしっかり考える必要があります。
自分に無理のない範囲での返済計画を立ててください。

住宅ローン返済は計画的に

まとめ

マイホームを購入することは、夢であり大きな憧れでもあります。
住宅ローンを組んで、毎月返済しながら生活している方もいると思います。
ですが、住まいには予想以上にたくさんのお金が掛かります。

買う前にしっかりと下調べをしておかなければ、後悔する場合があるのです。
今回、幾つかの失敗談や後悔した話をご紹介しました。

これらはきっと参考にできるはずです。
買ってから後悔してしまっては、生活にも支障が出てしまいます。

Comments are closed.

Post Navigation