賃貸物件を借りる時に気を付けなくてはいけないのが、防犯です。

賃貸物件の場合、防犯対策は管理人や管理会社のさじ加減なので、しっかりと防犯対策が行われている物件もあれば、防犯対策がされていない物件も多数あります。

新築のマンションやアパートでもオートロックを防犯対策に最初からつけてある所も増えていますが、実際オートロックは防犯レベルとしては低いと言われています。

オートロックで危険なのが、住んでいる住民がドアを開けた際に一緒に中に入ってくるケースと宅配便の業者を装って他の部屋の住民にオートロックのシステムを解除させて中に入ってくるパターンです。

前者は仕事帰りの時間に多く、後者は休みの日や昼間に多いとされています。

オートロックが付いているマンションに住んでいる人の大半は、自分が鍵を開けた時に中に入って来たヒトに対して『何号室の方ですか?』なんて聞くことはありません。

『こんにちは』などの挨拶はしても、まさか部外者が自分と一緒に中に入ったとは思わないです。

オートロックのマンションに住んでいるからと安心して、玄関の鍵を占めていなかったり夜でも窓を全開にしているとリスクは高くなります。

オートロックがない物件で注意しなくてはいけないのが鍵です。

賃貸物件とは新築の最初に借りて住んでいる人以外は、必ず誰かが住んだ後に入居するわけです。

これから入居する住民にとっては前に住んでいた住民がどういうヒトか分かりません。

だからこそ、必ず管理会社か管理人に頼んで玄関の鍵を変えてもらう必要性があります。

中には賃貸契約の条件で鍵の交換を義務づけている物件もありますが、年数が経っている物件は依頼がない限り鍵の交換をしない所が多いです。

鍵の交換を依頼したらその分の費用は増えてしまいますが、安全を考えれば安いです。

現に前の住民が複製した鍵を使って侵入したという事件もあるので、賃貸物件に住んでいる人は鍵をキチンとしましょう。

Comments are closed.

Post Navigation