中古物件を購入する際、リフォーム済みの中古物件にするかリフォームしていない中古物件にするか迷う人も多いのではないでしょうか。

リフォーム済みの中古物件は、リフォーム代を物件価格に上乗せをしているのでリフォームをしていない中古物件よりは価格は数百万円単位で高くなります。

売り手側とすれば少しでも高い価格で物件を売りたいので、リフォームやクリーニングをして物件を売ります。

年数が経過している物件は、物件の価格がとても低いです。

リフォームをしていなかったら数百万円しかならない中古物件でも、リフォームをしていたら数千万円で売ることができます。

一方、少しでも購入価格を抑えたい人やリフォームをしていなくても気にしないと言う人であればリフォームをしていない中古物件の方が安く抑えることができます。

リフォーム済みの物件を購入する時に気を付けなくてはいけないのが、リフォームの状況をできるだけ実際に見ることです。

広告ではリフォーム済みとしか載せませんが、リフォームの状態が自分を思っている状態と違うことが多々あります。

築年数も古くてリフォーム済みなら、お風呂場は最新のユニットバスでキッチン周りはIHクッキングに対応している、と思ってしまう人も少なくありません。

それでこの価格だったら買いだ、と思って実際のリフォームの状態を見ずに購入をしてしまう人がいます。

そして、購入して初めて家の中を見たらお風呂場はバスタブを新しくしただけで追い炊き機能もないしシャワーもない、キッチンはIH対応かと思っていたらガス式の2口でキッチンも狭い、なんてことも珍しくありません。

そのため、リフォーム済みの中古物件を購入したのに、もう一度リフォームをやり直さなくてはいけないので、無駄に出費が増えてしまうので中古物件を購入したのにも関わらず、新築物件並みの出費に最終的になってしまったという人も少なくありません。

最近ではリフォーム済みの物件を購入しても、自分でリフォームをする購入者も多いです。

中古物件を購入する時は必ず物件を見てから購入を検討するようにしましょう。

Comments are closed.

Post Navigation