ボーナスや給料日が近づくと『お金が…』とぼやく人がいます。
先取りの貯金をしていて手持ちのお金がないこともあります。
『入ってきたぶんだけ使ってしまった』のなら将来的に困ってしまいます。

お金に困る人は考え方や習慣が似ています。
年齢を重ねると、収入が増える事は期待出来なくなってしまいます。
そんな年齢を迎えてからもっと貯金しとけば…と悔やみたくないものです。

そうならないよう習慣を今一度見直してみて下さい。

お金に困ってしまう人の持つ習慣①

お金の使い方は人それぞれ違います。
使い方によって、生活習慣がわかるようになっています。
ですが、自分が気付かずにしていることが無駄遣いとなっている場合もあります。

お金に困りがちな人が持っている共通の習慣には3つあります。

1つめは「買い物を現金でしようとしない」です。
電子マネーもクレジットカードも使い方次第で得をするアイテムです。
逆に言えば、金銭感覚がつきづらく見境なく買ってしまいがちです。

自身で管理すべき支出もあいまいになるので必要以上に使ってしまうのです。
電子マネー・クレジットカードを使った後は明細を見るようにしてください。
また、現金払いを出来る場所では現金を使う習慣をつけるようにして下さい。

お金に困りがちな人が持つ習慣

お金に困ってしまう人の持つ習慣②・③

2つめは「外食ばかりしている」です。
自炊をしない人の理由として次のような事があります。
「台所が汚れる、時間が勿体無い、食材が余ってしまう」といった感じです。

ですが、外食ばかりしていると自炊よりも出費が多くなるのです。
外食が習慣になっている人は食費を抑えてみて下さい。
休日または毎日1食分は自炊するというようにしてみて下さい。
自炊生活もとても大切なのです。

3つめは「自分磨きが多い」です。
自分磨きをすることも、自己投資としてはとても大事な出費だと言えます。
ですが、いくら流行っているからとはいえあちこち手を出すと出費がかさむばかりです。
流行に流される前に、一度深呼吸してよく考えるようにしてみて下さい。

日常生活での考え方や口癖に気を付けよう

お金に困りがちな人が持つ共通点として挙げられるのが考え方や口癖です。
『お金がない』という言葉が口癖になっていると、現状から逃げられなくなってしまいます。
もし『お金がない』と無意識のうちに口に出してしまったとします。

そんな時は『お金ないけど改善できる所があるはず』
『お金はないけれど、新しい収入源を見つけよう』と言ってみて下さい。
そうすると、意識が高くなって現状から抜け出すきっかけとなるかもしれないです。

気を付けたいのが、『お金さえあれば何だってできる』という考え方です。
『読書がしたいから本を購入する』『体を動かしたいからジムに通おう』
このような行為ばかりしていると支出に歯止めが利かなくなります。

財布の中身にも注意しよう

前述した内容には該当しないけれど、お金に困っているという人もいると思います。
こうした人は、財布の中身を今一度確認してみてください。
少ない金額であってもレシートを受け取るようにするのです。

レシートを日々確認するうちに、改善するべき箇所が出てくるようになります。
『ここの店に行く回数を減らすと節約できる』『余分なものを買ってしまってる』という感じです。
その日に支払った金額を足していって合計額をメモしておくのもいいです。

予定と照らし合わせて支出額を見れば、行動を控えるようになってきます。
1週間おきに予算を決めておけば『今週は予算に合っているか』をチェックできます。
確認するうちに節約するようになります。

財布の中身をチェックしよう

まとめ

日常生活の中で、無意識のうちに色んな習慣が身についてしまいます。
お金に関する習慣も同様で、節約するべき所は出てくるはずです。
『自分は貯金していけない性格だから無理かも…』と諦めがちな人もいるはずです。

ですが、そんな人であっても習慣さえ変えていけば貯金に充てられるはずなのです。
ただ習慣というのはそう簡単に変えられず、努力と時間を要します。
そういう時は、自分の中でひとつの大きな目標を立ててみるのです。

Comments are closed.

Post Navigation