ひとつ同じ屋根の下で他人同士が生活を共にするシェアハウスが再び人気が高まっています。

シェアハウスは浴室やトイレ以外にもキッチンやリビングが共同部分で、住民同士が一緒に食事をすることは珍しいことではありません。

下宿とは違い、部屋は別々ではありますが、それ以外は一緒に時間を過ごしたり、食事もみんなで交替で作るコトもあれば、シェアハウスの住民同士で一緒に食事を作るコトもあります。

またペット好きが集まれば、ペットを飼ってシェアハウスの住民同士でペットの世話をすることもあります。

シェアハウスで暮らす前に飼っていたペットを連れて来たら話しは別ですが、ペットを飼うとなれば住民が集まり、何を飼うか話し合って決めます。

購入する金額も住民同士で出し、世話などもそれぞれのスケジュールを確認して、その日の当番を決めます。

当番も押し付け合うのではなく、積極的に自分が空いている時に当番を担当します。

シェアハウスに住んでいる住民は、年齢も違えば職業も違います。

会社員だったり大学生だったり、自分の部屋でパソコンを使って仕事をしていたりと、共通点はありません。

唯一の共通点があるとすれば、アパートを借りて独り暮らしをするよりも、他人と一緒に生活をするシェアハウスを希望しているという点です。

シェアハウスの住民は3人~多くても6人位です。

少し大きめの部屋数が多い一戸建てやマンションを借りて、家賃もキレイに住民の数で割ります。

生活費も同じです。

家にいる時間が多かった、少なかったに関係なく、水道やガスなどの公共料金もキレイに住民の数で割ります。

シェアハウスのメリットは、住民同士が家族のようにふれあいを持って生活をすることができるという点です。

集団で生活をしていてもプライバシーも守られるので、女性から人気があります。

Comments are closed.

Post Navigation