日本のマンションやアパートでは、ペットの飼育を許可している所としていない所の2カ所に分かれます。

分譲の場合は管理組合によってペットの飼育が不可だったところがペットを飼いたいと言う人が多いと飼育可になることもあります。

反対にペット飼育可だったところがあまりにもペットを飼っている人のマナーが悪く、住民と度々のトラブルでペット飼育不可になってしまうことも珍しくありません。

ペット可だったマンションがペットを飼っている時に不可になってしまった場合は、今現在で飼っているペットは認められますが、新規でペットを飼うことができなくなります。

賃貸住宅ではペット可とペット不可の他に、ペットマンション(アパート)というものがあります。

ペットマンションとペット可マンションの違いはとても大きいです。

ペットマンションは必ずペットを飼わなくてはいけません。

つまりペットがいることが大前提となるので、ペットを飼っている人や絶対にペットを飼うんだという人が住んでいます。

ペット可マンションは、ペットを飼っても良いですよというだけで、ペットを必ずしも飼わなきゃいけないというわけではありません。

そのため、住んでいる人の中にはペットを飼っていない人もいます。

将来的にペットを飼ってみたいな、ペットを飼いたくなった時に飼える所がいい、という楽観的な考えができるので、自分のライフスタイルや生活環境に合わせてペットを飼うことができます。

ペットマンションの場合は、ペットがいることが大前提となっているので、コンセントの位置や防音性、玄関の2重ドアなど、ペットとの暮らしを前提にした部屋の作りをしています。

そのため、ペット可のマンションよりもペットマンションの方が他の部屋で犬が吠えていても吠え声が聞こえない、聞こえても気になる様な大きさではない、というほど防音性が非常に高いです。

またペットマンションには、ペットを洗う場所やドッグランなどが最初から用意されているところも珍しくありません。

Comments are closed.

Post Navigation