賃貸と違い購入住宅は、何かトラブルが起きた場合、自分で対応しなくてはいけません。

賃貸で毎月8万円や10万円払っていたら、新築でも中古でも良いから購入した方が良いのでは?と思ってしまいます。

なぜなら住宅ローンを組んで物件を購入している人は、毎月8万円近く支払っているからです。

賃貸はいつかは出て行かないといけない可能性もあるし、大家や管理会社が変わったら賃貸で住んでいる物件がどうなるか分からないからです。

しかも賃貸の場合は、退去する時に自分が汚した箇所や傷つけた箇所は修理しなくてはいけないので、敷金がプラスで戻ってくるかも分かりません。

特にペット可の賃貸物件の場合、敷金はプラスどころかマイナスとなって逆に請求される可能性もあります。

しかし、購入物件であれば、自分が新しい住処を見つけた時にリフォームをしないで安い価格で売りに出すこともできます。

高い価格で売りたいならトイレやお風呂などの水回りは最低でもリフォームしなくてはいけませんが、安い価格で売るならリフォームは購入者に任せるコトもできます。

リフォームして住むも良し、リフォームせずに住むも良し、お互いに無駄な出費を抑えることができます。

しかし、購入物件の場合、ローンは毎月必ず払わなくてはいけないし、購入金額や組んだローン年数によっては途中でで手放したくなった時にローンを抱えたまま次の新しい住宅の費用が増えてしまいます。

そうなると1ヶ月で2ヶ月分の住宅ローンを組んでいるのと何も変わりません。

また賃貸だと近所や隣人との間にトラブルが生じた時に、他の場所に引越すことができます。

ところが、購入だと引越すのも難しいです。

とは言え、購入であれば住宅ローンを払っている状態でも自分の財産にはなるので、売却という最悪な手段を使うコトができます。

Comments are closed.

Post Navigation