高齢化社会に伴い、不動産の相続であるトラブルが増えています。

それは、不動産を相続した子供がその不動産を売却することにより、幼稚園や月極駐車場などが潰れているということです。

最近は、不動産の管理を第三者に委託するのではなく、自分で管理している所有者が多いです。

しかも大半の所有者が高齢者もしくはそこそこの年齢となっています。 Read More →

公務員は副業が法律で禁止されています。

ところが賃貸物件などの不動産は、法律の範囲内であれば副業として許可されています。

その理由は、不動産が相続に該当するからです。

例えば、両親の片方が小さなアパートなどの賃貸物件を所持していた場合、その両親が亡くなったら子供が公務員でもその不動産を相続することになります。 Read More →