分譲で住宅を購入したヒトの多くが火災保険に加入しています。

火事を出すからではなく、大丈夫とは思うけど何かによって火災が起きた時のための万が一の保険です。

火災保険は掛け捨てタイプの保険になるので、自動車保険の様に手厚い内容で契約しているヒトはあまりいません。 Read More →

賃貸マンションや賃貸アパートは、一時の住処でしかないので外装や内装にお金をかけないオーナーがほとんどでした。

パッと見ても分譲マンションとかに比べても見劣りします。

ところが、最近の賃貸マンションやアパートは外装、内装にも投資する傾向が強いです。

そのため建物の外装を見ても、分譲マンションと見分けがつかない様な建物が増えています。

特に外装に力を入れている賃貸物件で多いのが、学生向きで中には女性限定です。 Read More →

日本では、墓地の近くや墓地の隣の住宅やエリアは販売価格が少し割安です。

売却する時も墓地などが理由で買取の金額が下がることも珍しくありません。

自分が住んでいる住宅の真横や真裏に墓地があって、窓を開けたら墓地がスグ目の前にある、という物件は嫌われる傾向にあります。

気にしないヒトは全く気にしないのですが、気持ち悪い、恐い、オバケや幽霊が出そう、という声が多いです。 Read More →

22年前の今日、1995年1月17日に兵庫県南部で発生した地震は、多数の犠牲者を出し、地震について日本だけでなく世界中が考える天災となりました。

それが『阪神淡路大震災』と呼ばれる様になった大規模地震災害です。

阪神淡路大震災では、高速道路が崩れ、震度7という異常な数値を出し、後に震度表記を変えるきっかけともなりました。 Read More →

冬がやって来て寒くなったら気を付けないといけないのが火事です。

火事といえば、糸魚川市の大火事が最近の火災として大きなニュースとなりました。

なぜなら、糸魚川市の大火事は鎮火に30時間を要し、隣焼に次ぐ隣焼で150軒以上が燃えてしまいました。

火事の原因となったのは、中華屋の店主が鍋を空焚きした状態で外出をしてしまったことです。 Read More →

賃貸と違い購入住宅は、何かトラブルが起きた場合、自分で対応しなくてはいけません。

賃貸で毎月8万円や10万円払っていたら、新築でも中古でも良いから購入した方が良いのでは?と思ってしまいます。

なぜなら住宅ローンを組んで物件を購入している人は、毎月8万円近く支払っているからです。 Read More →

寒くなると空気が乾燥するので、火事が起こりやすくなるし、火事が起きた時に延焼しやすくなるので火を使う時は気を付けなくてはいけません。

最近の新築住宅では、火事が起きても燃えにくい材質を使っていますが、それでも注意が必要です。

特に新しい家がズラリと並んでいる様な場所なら、ある程度の火災対策を住宅がしているので火事の延焼も広がりにくいのですが、昔からあるような木造住宅で密集地だと左右が火災対策をしていない昔の木造住宅だと、自分の家だけが火災対策をしていてもあまり効果が期待できません。 Read More →

マンションは購入していても、必ずと言っていいほど共有エリアがあります。

それは、購入段階でもマンションのパンフレットを見ても必ず記されています。

マンションで共有エリアになるのは、ベランダやポーチ、ロビー、廊下、駐車場、駐輪場、宅配ボックスなど、色々なエリアがあります。

しかし、多くの購入者が理解していないのがベランダやポーチが共有エリアになっているということです。 Read More →

親が亡くなった時に、親が住んでいた土地や家も遺産相続の対象になります。

住んでいなくてもマンションを建てて賃貸収入を得ていた、月極駐車場にしていた、というケースもあります。

マイホームを持っていない子供からすれば、親が亡くなったことで土地や家を相続することができてラッキーと思うヒトもいるのではないでしょうか。

不景気で給与も高くないと、マイホームの購入を考えていてもローン審査が通らない可能性が高いです。 Read More →

高齢化社会と共働き世帯が増えたコトで、二世帯住宅にリフォームする人が増えています。

親としては子供が近くにいてくれるので自分の身に何か起きても安心することができ、子供としては新築で1戸建てを購入するよりは出費を安くすることができ、子供がいれば両親が2人ともフルタイムで働いていたとしても自分の親に孫の世話をお願いすることができるので、二世帯住宅は意外にもメリットがあります。 Read More →