賃貸で加入しているヒトは少ないと思いますが、一戸建て住宅やマンションを購入して住んでいるヒトの多くは、火災保険に加入しているのではないでしょうか。

火災保険は、火事によって自分の住宅が燃えてしまった時のための保険になります。

自動車で言えば任意の自動車保険になります。 Read More →

分譲で住宅を購入したヒトの多くが火災保険に加入しています。

火事を出すからではなく、大丈夫とは思うけど何かによって火災が起きた時のための万が一の保険です。

火災保険は掛け捨てタイプの保険になるので、自動車保険の様に手厚い内容で契約しているヒトはあまりいません。 Read More →

冬がやって来て寒くなったら気を付けないといけないのが火事です。

火事といえば、糸魚川市の大火事が最近の火災として大きなニュースとなりました。

なぜなら、糸魚川市の大火事は鎮火に30時間を要し、隣焼に次ぐ隣焼で150軒以上が燃えてしまいました。

火事の原因となったのは、中華屋の店主が鍋を空焚きした状態で外出をしてしまったことです。 Read More →

寒くなると空気が乾燥するので、火事が起こりやすくなるし、火事が起きた時に延焼しやすくなるので火を使う時は気を付けなくてはいけません。

最近の新築住宅では、火事が起きても燃えにくい材質を使っていますが、それでも注意が必要です。

特に新しい家がズラリと並んでいる様な場所なら、ある程度の火災対策を住宅がしているので火事の延焼も広がりにくいのですが、昔からあるような木造住宅で密集地だと左右が火災対策をしていない昔の木造住宅だと、自分の家だけが火災対策をしていてもあまり効果が期待できません。 Read More →

マンションは購入していても、必ずと言っていいほど共有エリアがあります。

それは、購入段階でもマンションのパンフレットを見ても必ず記されています。

マンションで共有エリアになるのは、ベランダやポーチ、ロビー、廊下、駐車場、駐輪場、宅配ボックスなど、色々なエリアがあります。

しかし、多くの購入者が理解していないのがベランダやポーチが共有エリアになっているということです。 Read More →

あけましておめでとうございます。

2015年も住宅系関連の情報を紹介していくので、本年も当サイトのブログをよろしくお願い申し上げます。

住人の高齢化や震災などの天災に備えてオール電化住宅にリフォームをするマンションが増えています。

オール電化住宅にするとキッチンもガスではなく、電気になるので火を使わずに料理をするので火事のリスクが大幅に減少することができます。 Read More →