廃車手続で損する前に

TOP
会社案内
施工事例1
施工事例2
お問い合せ
 

一時抹消登録と永久抹消登録の違いとは

クルマをぶつけてしまい、修理費が30万円以上もかかると言われた・・・。車検も近いし、どうしようかな?でも、年式や走行距離にもよりますが、中古車専門の買取り業者では、あまり高く買い取ってもらえない可能性があります。

次のクルマは新車を購入する予定なら、ディーラーの下取りもありますが、基本は中古車買取り業者の見積り金額と大きく変わることはありません。中には買取れず、廃車費用がかかるといわれるケースも多くあります。

また、事故車でなくても、長期間、クルマに乗る予定がない場合や、仕事の都合で数年間、海外に出張しなければならないケースなどの場合、税金のことを考えると、廃車手続きをした方が良いケースがあります。

実はこの廃車手続きについては主に2種類あり、自動車を完全に解体処分してしまうことを完全抹消登録といいます。また、車検の残日数が少ない場合などには、一時的に廃車にしてしまう手続きがあります。これを一時抹消登録といいます。

毎年、4月1日つけのクルマの所有者には、自動車税がかかります。自動車税は主に排気量によって決まるのですが、2Lクラスで4万円程度。さらに車検時には自動車重量税と自賠責保険料がかかります。自動車重量税は排気量ではなく、クルマの重さで決まります。車検証を見れば、自分のクルマの重さが書いてあるのでスグに分かると思います。

このような税金はクルマを所有し、使っているときはしょうがないですが、クルマをしばらく使わないときなどは、一時抹消登録の廃車手続きをおこなった方が税金分、費用負担がなくなります。また、車検期間が残っている場合などには、残日数に応じて還付金があるので、損することはありません。

尚、廃車についてもっと知りたい!賢い廃車方法を知りたいひとは下記の「廃車手続きのことなら廃車手続でそんするまえに」が役立つでしょう。

廃車手続きのことなら廃車手続でそんするまえに